生存報告書

趣味のメモ

人工地震の見分け方

www.sankei.com

どうやら秘密裏に核実験を行なっているかどうかを特定することが可能のようだ。

では核実験と見られる地震波は自然地震地震波とどのように違うのか調べてみた。

 

日本気象協会 平成22年9月9日 (PDF)

この資料が一番わかりやすかった。てかどの記事もここから引用している気がする。

 

人工地震の特徴

1.S波がP波と比べて小さいかまたは存在しない

・S波は進行方向に対して垂直(弾性波)、P波は進行方向に対して平行(疎密波)。またS波は固体中しか伝播しないが、P波は液体や気体中でも伝播する。P波(疎密波)の方が速い。自然地震ではS波(主要動)の被害を減らすために緊急地震速報に用いられている。

http://www2.kobe-c.ed.jp/shizen/strata/equake/experimn/exp07.gif

・断層の捻れが起こらないためS波(弾性波)が生じない。

・等方爆発では進行方向に平行なP波(疎密波)が大きく検出される。

2.初動で引きのP波(疎密波)が起こらない

・核爆発は等方膨張のため、一番最初に伝わってくる波は必ず押しの疎密波である。

・自然地震での断層運動では初動で引きの疎密波も生じる。

3.高周波になる

・自然地震は規模が大きいと断層が長時間掛けて広範囲が破断するため低周波になるが、核実験による爆発は一瞬での破裂なので高周波になる。

4.震源位置が浅い

・深さ2km以上での爆発は困難。

震源が深い場合は自然地震と断定できる。

5.音波が生じる

・爆発によって生じる疎密波が気体中を音速で伝播する。

 

 

 

調べていてフェイクニュースが多すぎてうんざりした。

自然地震で初期微動が短い場合の主な原因は、

・観測機が震源近くにある

・人為的に縦軸または横軸が大きくなっていて初期微動が見えづらくなっている

・観測機に個体差があるために同じ場所のデータでも違いが生まれてしまっている