生存報告書

趣味のメモ

南ア、ズマ大統領の辞任

今月2月14日、南アフリカ共和国のズマ大統領が辞任した。

原因は汚職の蔓延と南アフリカ経済成長の停滞による、低所得者労働組合などのメインの支持層からの反感だろう。

後任のラマポーザ氏も同じ政党であり似たような立場の人なので、今回のズマ大統領の辞任によって南アフリカの政治状況が一度に好転するとは考えにくい。

 

調べていたら1月9日に同じ名前の衛星が行方不明(打ち上げ失敗)となったニュースを受けて市場が混乱し、ランドが急騰して10分で元値に戻ったという記事があった。

www.bloomberg.co.jp

ネタのような話だがこんなことが平気で起こるトリッキーな南ア情勢は恐ろしいと思う。

 

少なくとも今はラマポーザが大統領当選した12月18日からランド相場は急騰しており、2月14日の辞任を受け一段と値を上げているという状況だ。

南アフリカに広がる経済格差と治安状況、ランド相場はこれからどのように推移していくのだろうか。